高齢処女と年下イケメン(逃げるは恥だが役に立つ8巻)




 

 

 

 

百合ちゃんが好きすぎるのよ・・・・

 

購入してから何回も読み返しています。

切ない!

苦しい!

嬉しい!

以下、ネタバレあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、百合ちゃんと風見さん。

風見さんのことはずーーーっとうさんくさい男だ!

と思ってたのですが、

 

過去話をみて

誕生日の日に百合ちゃんと会えたことを喜ぶところとか

 

こいつ・・・

いいやつやん

と(上から目線ですまん)思いました。

というか、不器用なの・・・か・・?

中学生の時に付き合っていた彼女から別れを切り出された理由が、

「あなたがイケメンすぎて自分でいいのだろうか?」

それに、

(そのままの君が好きだよと言うこともできるけれど)

”自分の自信のなさを僕のせいにするなよ”

と心が急速に冷めていった・・っていうのはおもしろいなあと思います。

この過去話が、風見さんらしさにつながっていてとてもよかったです。

百合ちゃんと風見さんのやりとりが好きすぎて

すっごくドキドキしたのに

あっさり振ってしまった百合ちゃん。

モノローグの


”ないでしょ”

”この年齢差で”

”これが結論”

 

もおおおおおお

百合ちゃああああああんん

彼女の気持ちがどこにあるのか・・

そこがみえませんでした

ふたりがここで終わるとは思えないので、期待。

最後ポジティブモンスターの3人目になれるよ発言も気になる。

みくりと平匡さんのターン。

商店街の青空市の企画、開催をすることで自分の進む道が見えたみくり

正直な感想としては「いいなあ」と思った。

ずっと自分のやりたいことがわからないというところが、みくりに対する共感点のひとつだったので純粋にうらやましかった

平匡さんはあいかわらずかわいかった。

元彼に言われて

こころの奥底でずっとトラウマだった言葉を

平匡さんが解いてくれた

どんな王子様だよ

ってところ、じーんときました。

ひととのかかわりってそうだよな

ひとしれず傷ついたり

逆に傷つけられたり

こうやって相手がなんとも思ってない言葉で救われたり

 

8巻はほんとうに最初から最後まで良かったです!

 

逃げるは恥だが役に立つ(8) (KC KISS)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。