もしも老後ひとりだったら

会社に保険屋さんが来て、医療保険の更新をしました。

わたしの悪い癖で、保険も見直す~とかなんとか言いながらめんどくさいので更新しちゃったわ。がん保険はどうしようかなあ。

担当の人が年金保険の見積もり置いていきました。

【年金保険・忘備録】

・月々1万円で33年払い
・1万円以上積み立てる場合は1000円単位で増やせる
・二年経ったら前納できる
・55歳まで払ったら100%返還
・65歳まで払ったら、積立が約390万円に+43万円上乗せされて10年かけて払われる。
・65歳までにもらうことも可能
・5年ごとに配当金がある
・生命保険とは別に所得税の控除がある

・・・・うーん

・・・・・・これって単純に考えてすっごくお得なのでは!?

銀行に390万円預けるより利息は良いし。配当金は会社の情勢にもよるけど、少しでも入るのはありがたい。

ということですごく迷っている。

国民年金満額納めて、ひと月65000円(未来はどうなっとるかわからんが)。厚生年金でもう少し上乗せされる。

年金保険430万円を10年で割ると二束三文だけど、ないよりはましだよなあ。税金も控除されるし・・・

すぐ下ろせないことと、わたしの仕事が不安定なのが決定力に欠けるのだ。。。

ちなみに上記の保険は第一生命です。 

他社はどうなのか今度こそ調べてみよう。

世界情勢や、日本の景気によって倒産とかした場合の補償とかあるのか・・?

それを考えると郵便局の保険が一番安全そうな気もします。 

さて、親が死んだらどこに住もうか。
家をひとりで管理するには、ちょっと広すぎるから貸家にしてアパート暮らしか。

将来のことを考えると、不安もあるが期待もある。

仕事を辞めた隠居暮らしを想像するととても楽しみだ。

まあ身の回りのご老人をみてると、楽しいばかりではないことは百も承知だが。

老後は「健康」と「お金」がある人ほど勝ち組だろう。

そんなわたしは、負け組予備軍ヾ(´ω`=´ω`)ノ

貧乏でも楽しく生きる力をわたしにください。



たびらいツアー予約

 
カラーミーショップ】なら、出店料無料のショッピングモール【カラメル】に出店できる!


 


田舎暮らし ブログランキングへ 
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 

5 Comments

まっきー

こんにちは(*^^*)
私も第一生命入ってます(笑)
年金は二万円のです。
その時は何も考えないで入ったけどもっと他の会社の見積りを見て入れば良かったなって今更ですが後悔しています( ̄▽ ̄;)
お金に余裕があればもう一ヶ所に入りたいです。
JAは5000円から入れるそうです。
かんぽとJAなら安心そうですよね(^^;
JAがなくなるときは農家が日本からいなくなるときだと思ってます。

返信する
スー

こんにちは。
控除の面で言えば、確定拠出年金のほうがお得なのかなと思いました。
ざっと調べただけなので、合っているかは不安ですが、、、
月に1万、年間12万で計算しますと、
年金保険の控除は、所得税が年間保険料8万以上で4万円
住民税が年間保険料56000円以上で28000円が控除額。
所得税が年収195万以下で5%なので、軽減額は2000円。
住民税が一律10%なので、軽減額は2800円。
税金は、4800円安く済みますね。
それに対して、確定拠出年金の控除は払った額全部なので、
住民税は、12万の10%なので、12000円。
所得税は、12万の5%なので、6000円。
税金は、18000円安く済みますね。
33年間で計算すると、
4800*33=158,400円、18,000*33=594,000円になります。
だいたい43万くらい、確定拠出年金のほうが税金が軽減されます。
さらに、所得税は一番下の税率で計算してますが、
年収が上がれば税率も上がるので、
保険料全てを控除できる確定拠出年金は控除額が増えます。
33年積み立てて、約390万円に+43万円されるとのことですが、
年利で考えるといくらくらいか計算してみました。
すると、年利0.52%で複利で33年で計算すると
12,064、24,1875、36,3756、48,6272、60,9425…(省略)
10年後は1,234,861、20年後は2,535,458、30年後は3,905,291
33年後で4,330,288円で、だいたい計算が合いますね。
対して確定拠出年金の定期預金は0.1%なので、
年利0.1%で複利で33年で計算すると4,028,043円になります。
確定拠出年金は非課税なので、金利分の税金は引かなくていいはず。
この場合は確かに、30万ほどは年金保険のほうがいいですね。
あといくらかわかりませんが、5年毎の配当もプラスすると。
ただ、ずっと年利0.1%の状態が33年も続くのか?って疑問はあります。
確かにマイナス金利で金利は下がっていますが、
この先10年、20年ずっとかはわかりません。
定期預金の金利が0.5%を超えないとも言い切れないのかなと思いました。
先のことはわからないですけど。
↓続きます

返信する
スー

確定拠出年金で定期預金ではなく投資信託を選択するという手もあります。
元本割れのリスクもありますが、うまくすれば大きく儲かることもあるかもしれません。
まるまるさんは、既に投資信託をしているので、これ以上のリスクを避けるのなら定期預金のほうがいいと思いますが。
次に、倒産のリスクですが、年金保険のほうはわかりませんが、
確定拠出年金で定期預金を選択した場合は、預金なので
1000万まではペイオフで保証されるので大丈夫でしょう。
年金保険では、途中解約だと元本割れすることが多いですが、
確定拠出年金だと積立をやめることはできますが、
お金は60歳までは戻ってきません。
また、国民年金の未払い分がある場合はそちらを払わないと積み立てることはできません。
後述しますが、確定拠出年金だと口座管理手数料を払う必要があります。
これは積立をやめていても払わなければいけません。
次に確定拠出年金の口座手数料ですが、
一番安いところがスルガ銀行で、年間2000円くらい。
33年だと、66000円かかりますが、安くなった税金分で十分賄えると思います。
年金保険=積立総額と金利分+税金軽減分で、448万
確定拠出年金=積立総額と金利分+税金軽減分ー口座管理手数料で、455万
という結果になりました。
これも、33年間ずっと、定期預金金利が0.1%という前提でやっているので、
さらに金利が下がったり、逆に金利が上がったりすれば
この通りにはならないです。
また受け取る時にも税金の控除がありますが、これについては計算してないです。
ワタシは専門家でもないし、今日一日調べた結果なので
間違いもあるかもしれないので、詳しくは調べて欲しいです。
ただ、受け取れる金額だけでなく、控除とか色々な面を総合して考えた方がいいんじゃないって思ったので、余計なおせっかいをしてみました。

返信する
まるまる

まっきー様
コメントありがとうございます!返信遅くなってすみません^^;
2万円ですかー。わたしの今の収入では無理かなあ・・・
JAは5,000円ですか!ありがとうございます。低い金額で入っておいて、あとから足していく方法にしようかなあ。収入があまりないので悩みどころです。

返信する
まるまる

スー様
コメントありがとうございます!返信が遅くなってすみません!!!
そしてそして・・・・・・すっごく助かりました!!!わたし普通にバカなので、計算いろいろしてもらってすごくわかりやすかったです!ありがとうございます。控除の面はあまり考えてなかったので、受け取る額だけをみるだけじゃぜんぜんダメですね~~;;勉強になります。
確定拠出年金にもだんぜん興味がわきました。わたしとしては、周りがあまりやっていない確定拠出年金が面白そうだな・・・(そういうネタ的なもので決める性格・・)とすごく動いています。1,000万円まで補償があるというのもいいですね。いろいろ見てよく考えたいと思います。年金保険も確定拠出年金もどちらもメリット・デメリットがあるので、それが自分にとってどうなのか分析したいと思います。いろいろ調べてくれてありがとうございました^^

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。