それができないから悩んでるんじゃないか

がさつ力こそ今を生き抜く最強のスキルだ

わたし、千原せいじさん好きなんですよ。

外国人に物怖じせず話しかけるとことか、霊感強いとことか、コミュニケーション能力高いとこがとにかく憧れるんですよ。

ただ、上の記事の内容はあまり共感できないんです。

わたしは逃げてもいいと思うんです。ガマンする必要なんてありますか?

嫌な仕事、やりたくない仕事でも適応力があって、さらにポジティブシンキングならわかります。そこでがんばろうとする人は嫌いじゃないです。

でもできない人もいます。

不満があれば口にすればいいって言うのはもっともです。

でもできないんです。

口にしやすい環境とそうじゃない環境があるんです。

がさつ力って変なことばですが、要は必要以上に他人に気をつかわないということですよね。

それってもともとの性格でもあるし、文化でもあるんですよね。

日本人はとにかく空気を読む民族ですから。

本を読んでないので、感想を書くにはふさわしくないのですが、千原せいじさんが昔は誰にもなんにも言えない引っ込み思案だったけど、こういうきっかけがあって変わった・・・とかならわかるんですけどね。

福祉の現場でもいっしょになんですが、

正論を盾に戦う人がいます。

たしかに正論なんだけど、

それがそぐわない場合もあるんです。

なんだか、もやもやして書きました。

わたしは、逃げていいと思う。

現代的な考え方だとは思うけど、逃げて失敗しても逃げなくて失敗しても

どの道責任は自分自身でとらなくちゃいけないんだから。


日記・雑談(30歳代) ブログランキングへ

にほんブログ村 OL日記ブログ 契約社員OLへ
にほんブログ村

2 Comments

私も、逃げていいと思う派。
逃げずに正論で立ち向かって、結果メンタル病んだし、社会復帰するまでの時間のロスのがもったいなかったなぁ..って思うから(>.<) バランスとりつつ、心が楽な方がよいと思う。 せいじさん、 私もおおらかで好きだけど、多分それは芸能界という特殊な世界でしか通用しない価値観だよ~って思います。

返信する
まるまる

茜様
コメントありがとうございます。
父が仕事でうつ病になってそこから15年以上病気と付き合っていますから、逃げずに病気にならず上手くいけばいいけど、病気になったときを思ったら逃げた方がいいとおもうんですよね。
逃げずにがまんすることが大事って、いまさら言う人がいることにびっくりしてしまいました^^;がまんも時には必要ですが、流動的な時代にはそぐわないように思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。