自分で境界線をひく

福祉の仕事をしていると、境界線があいまいになるときがある。

自分にはできないこととできることがある。

ボランティアではないし、

死ぬまでお世話できるわけでもない

辞めたら担当は代わるので、

仕事の範囲内でするしかない。

ただ、それは明確に決まっていない場合が多いし、利用する人によっても違う。

自分で境界線をひく。

これはできるけど、これ以上はできない。

はっきりした意志を示すと、不思議と相手も納得する。

仕事は嫌だけど、働いてると勉強になるわぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。