肌断食~スキンケアやめました~感想



※この本は宇津木式スキンケアシリーズのどれかを読んだ上で読んだ方が良いです。
筆者の年齢は60代、もともとお肌がきれい、翻訳家なので家での仕事が主である等をふまえて読むと良いかも~(`・ω・´)

この本を読んで最初に、

「うおおおおおおお!!!!失敗したあああああああ(´;ω;`)!!!」

と思ったのは思ったより(というか全然)写真がなかったこと。そして筆者はもともとお肌がきれいだったこと。それによって私が一番知りたい毛穴のことについてはあまり触れられてないのです・・・無念・・・。

でも読みやすくて短時間で読めたし、なるほど~と思うところもありました。

勉強になったこと

① 肌は水を吸い込まない!

人間の肌は水をはじく。つまり吸い込まないのだそうです。海水浴しても海水が肌に吸い込まないことから分かるように、肌は水をはじいているのですね~。ではなぜ化粧水が浸透するというのか?肌のバリア(水をはじくところ)を壊してそこから水分を入れているそうです。そう考えると水のようなに人畜無害だと思っていた化粧水が、化学物質でできた汚水にみえてきました。

② SPFの数値、PAの数値

日焼け止め効果のある化粧品に書いてあるSPF、PAの文字。数値が高ければ高いほど強力で、イコール肌には良くない。それぐらいは分かっていました。ただ、SPFとPAが何を表すものかは知りませんでした。ので以下引用。

A波を防ぐ力をPAで、B波を防ぐ力をSPFで表す。PAは+、++、+++の3段階、SPFは2から50まである。
SPFというのは日焼けするまでの時間を表す数値だ。SPF値が高いと防御力も強いと思う人が多いが、これはあくまでも持続時間を示すものであって、防御する力ではない。これが大事なポイントだ。

素顔で紫外線を浴びた場合、だいたい20分で肌が赤くなる人が多いので、それをSPF1としている。したがって、SPF15の日焼け止めは、20分×15=300分(5時間)、20なら、20分×20=400分(6.6時間)。

私が今使っているファンデーション

SPF20なので5時間である。

5時間も外におらん(おって一時間)私には少し強すぎるということか(≡ω≡.)

数値が上がれば紫外線吸収剤は増え、当然ながら肌への害は増す。
ところが、SPF値15を超すと、紫外線防止効果にはたいして差がなくなるのをご存じだろうか。

筆者推奨はSPF15~20でPAは+、++ぐらい。数値よりもこまめに塗り直すことが大事だとのこと。私の場合紫外線が強い時間帯はほぼ建物の中なので日焼け止め事態があまり必要ないみたいです。塗るとしても紫外線吸収剤不使用のものを選ぶと良い。それでも肌に直接塗るよりはうすくワセリンを挟んだ方が良いと書いてあるので、日焼け止めってそんなにヤバいの!?と恐ろしくなりましたよ・・・。
また、長時間の外出であれば”おしろい”が良いみたい。ただおしろいはすぐ取れるのでパウダーファンデーションがベストなんだとか。
無印良品のおしろい・・・もういらんと思って捨ててしまった・・・(´Д⊂)私のバカ・・・

この辺は宇津木式の本を読んでない私には知らない情報があったので助かりました。おしろいは助からなかったけど・・・。

③ 年をとっても水分量は減らない

実験結果として、高齢の今までスキンケアをあまりしてこなかった女性の方がばっちりスキンケアの若い女性より水分量が多いという結果でした。

④ 肌のかさつきは空気の乾燥と関係が無い

目からうろこです。湿気が多いと肌に良いものだと思っていました。冬は乾燥しているから乾燥肌になるんだと。実際は気温の温度差に体がついていけず、バリア機能が低下して肌トラブルが起きるようです。体を冷やさないようにすることが大事みたいですね。

というようにいろんなブログサイトを読んでも知りえなかった情報が載っていたので、まあまあかなあ。ただ写真もないし、あってもカラーじゃないし、毛穴のこととかが載ってなかったのでこの内容でこの価格は不満ですねえ。文庫本だったらよかったかも。

そして現在の私の汚肌ですが・・・ぽつぽつとニキビができては、1日で消えるというよくわからん現象が。朝、鏡見てニキビある(´;ω;`)と凹んでも夜になるとなくなってる・・・なんで?
毛穴は相変わらず開きまくりの目立ちまくりです。

スキンケアはもちろんですが、顔をこするという行為も良くないらしい。手でこすらなくてもタオル等の布でこするのもダメみたいです。枕などで肌がこすれて思うような結果が出ないのかもしれないので、枕カバーをシルクにしようか考え中w(これも本に載ってた)

なかなかすぐに美肌☆・・・というわけにはいきませんが、気長にやっていこうと思います。

続けられる理由が3つあります。

1.めっちゃ楽

2.お金が浮く

3.スキンケアしてたときと変わらん

スキンケアしようがしまいが変わらんなら、わざわざお金出して買う必要ないよね~と思ったしだいでした。

スキンケアをやめるに当たっては「湯シャン」も重要事項です。湯シャンも本買ってないのでまた買って読んだら報告します^^

さて、最近は電子書籍が多かった私がなぜ紙媒体で購入にいたったかと言うと・・・

いつか、

「まるまる肌きれい~!何使ってるの??」

と聞かれたときに

本を貸せるように

その日を夢見て買いました。電子書籍は貸せないからさ(ノд・。) グスン

 



10 Comments

まっきー

はじめまして。
ブログ読ませていただきました。
肌断食ってよく聞くけど試してみる勇気がなかったのですが、凄く気になります。
私の母も肌断食状態なんですけどわりと肌がきれいです。

返信する
まるまる

まっきー様
コメントありがとうございます^^
肌断食は人によりひどい時期とよくなる時期が違うそうです。1年ぐらいはかけないとダメみたいです。私はまだまだ初心者ですが、少しでも参考になれば幸いです☆お母様はお肌がきれいなのですね!うらやましい・・うちの母はあまりきれいじゃない(というか汚い)ので私がきれいになれば母もスキンケアやめてくれるかな~と期待しています。ちなみに薄毛でもあるので湯シャンをすすめてますがあまり乗り気ではありません。年齢関係なく効果があるそうなので、今は無理でもいずれ1回は試してみる価値ありですよ^^

返信する
むーこ

早速遊びに来ました~^^
肌断食、私もここ数ヵ月実践中です。私の場合は肌の為ってよりも、「節約」が一番の目的なんですが(笑)。
まっきーさん同様、うちの母が毎日すっぴんで過ごしているのですが(メイクするのは冠婚葬祭の時くらい)、シワなし、シミなしのツルぴか肌なんです。そんな母が昔からずーっと「お化粧やお手入れはむしろ肌に良くない」って言ってたんですが、それは母の肌質が特別丈夫なだけなんだろうと思ってたんです。でも「肌断食」なるものが登場して、ようやく母のいう事が信じられるようになりました。
メイク道具もケア用品も、消耗品だし高いし、使わなくていいなら使いたくない^^;
それに「メイクしてキレイな肌」よりも「すっぴんでキレイな肌」の方が断然キレイだと思うし。そういう人になれたらいいなーと思います。
まぁ私の場合は最初にも書きましたが、一番の目的は「節約」なんですけどね(笑)。

返信する
まっきー

まるまる様
むーこ様
教えてくださってありがとうございます。
私の肌は吹き出物はないけど毛穴が開いています(涙)
肌も弱くて化粧は月に一回するかしないかくらいで、冬になると必ず肌がただれて病院のお世話になります。
なので、いきなりスキンケアやめるのに勇気があるんですけど他の記事を読んでいると凄く試したくなります。
(冬になると化粧水するだけで肌がヒリつくのであまり必要がないのかなとも思えるので。)
もったないので今使っている基礎化粧品がなくなったら試してみます(*^^*)
あと私も、まるまる様と同じ石鹸使ってます(^^)

返信する
まるまる

むーこ様
わ~!コメントありがとうございます!!
お母様素晴らしいですね!私は身近にスキンケアしていない人がいなくて・・・肌のきれいな人は肌に合った化粧品を選べているんだとずっと思ってました。なので化粧品ジプシーでいろいろ試しましたがどれも合ってるような合わないような・・・でも年々ひどくなっている気がして、肌断食に出会って本当に良かったと思っています。メイク道具もケア用品も本当に高いですし、ズボラな私には化粧を落とす時間とかスキンケアの時間が本当におっくうでした。
「すっぴんできれいな肌」がいちばんですよね^^早くそんなお肌になりたいです。
肌断食+湯シャンでかなりの節約にもなりました。私にとっては一石二鳥でした(笑)
またブログにお邪魔します!!

返信する
まるまる

まっきー様
私も毛穴が・・・一番の悩みです;;不思議なことに肌断食をしてから毛穴の開きはあまり変わらないんですが黒ずみがなくなりました。夕方になると少し黒ずんで見えますが、石鹸洗顔を1週間に1回ぐらいしかしないので、ほぼお湯で顔を洗うだけで黒ずみが無いのが不思議です。肌ってちゃんと汚れを排出してくれてるんだな~と思いました。
敏感なお肌だとなかなか勇気出ませんよねTT
高校~大学時代だったら絶対肌断食なんてしなかっただろうと思います。それこそ吹き出物がすごくてあらゆるスキンケアを試していた時期だったので。
私も冬に肌の調子が崩れるのでスキンケアなしで乗り切れるのか今から怖いです。
スキンケアをいきなりやめなくても、まずは3日に1回とかにすると良いかもですね^^佐伯チズ先生も1週間に1回肌断食の日を作ると良いと本に書いてました。(昔は佐伯チズ先生信者でした)
石鹸は白雪の詩ですか?ドラッグストアはしごしてやっと買いましたw軽く1年ぐらい持ちそうで嬉しいです☆

返信する
まっきー

まるまる様
何度もすみません(´・ω・`)
急にスキンケアやめるのはやっぱり勇気がいりますね。
段階をふんでやっていくのも周期的にやっていくのもありなんですね。
石鹸は白雪の詩です。
去年は物凄く肌の調子が悪くて洗顔するのも痛くて、ネットで調べたらそれがいいとあったので使うようになりました。
肌があまり乾燥しないし安くて大きくて気に入ってます(笑)
そのときは色々なスキンケアを試していました。
でも結局病院のお世話になりました(涙)
今年はお世話にならないようにしたいです(^_^;)
肌断食の本には馬油は使ってもいいとか書いてありますか?
肌の調子が悪くてもそれを使うと保湿もできるし痛くならないので、冬の肌断食中に使いたいのですが。
もしわかったら教えていただけると嬉しいです。

返信する
まるまる

まっきー様
いきなりやめる人と段階を踏んでやめる人と両方います。一気にやめると効果も早いでしょうが肌が恐ろしいことになる(私の場合ガサガサかゆみ外出たくない肌)期間を乗り越えれず、スキンケアに戻る人が多いみたいです。スキンケアを一気にやめると脂漏性皮膚炎になる人もいて、その場合は即病院に行かなければいけないみたいです。私はクレンジング⇒化粧水⇒ホホバオイルだけのスキンケアだったのでまだ入りやすいかったかなと。多い人は乳液、美容液、クリームもしてますもんね^^;
最初は水洗顔後、化粧するときだけホホバオイルを塗ってましたが途中からやめました。やめてから肌断食の本を読みましたが、ホホバオイルとオリーブオイルは肌につけるにはましな方(こういう表現だったか忘れましたが)なのですが、何時間かすると肌の上で酸化するのが良くないみたいです。化粧品はほとんどが酸化して、唯一酸化しないのが白色ワセリンらしいです。馬油のことは書いてませんでした。「宇津木式スキンケア辞典」という本にQ&Aで馬油について載っているみたいです。参考書として一冊買ってみるのもいいかもしれません。私も読んだらまた感想書きますね^^

返信する
まっきー

まるまる様
こんばんは(^^)
やめるときは注意してやめないといけないんですね。
私はスキンケアの種類は多いです。
馬油→化粧水→美容液→クリームの順でやってます。
やめていくのに段階が必要そうです(^_^;)
ワセリンは肌の上では酸化しないんですね。
宇津木式スキンケア辞典ですね。買ってみます(^^)

返信する
まるまる

まっき-様
こんばんは!
肌断食は挫折者も多いみたいなので少しずつやめる方が良いのかなあ~と。
私はほぼ同時に髪も湯シャンにしたのですが、もともと無印の石鹸シャンプーを2日に1回していただけだったので入りやすかったです。たまに白雪の詩で洗髪しても全くキシキシになりません。でも普通のシャンプーを使っている人がいきなり純せっけんで洗うとひどいことになるみたいなので、まずは石鹸シャンプーとリンス、髪が慣れたらリンスをやめて(私は単に買うのがめんどくさかっただけですが)、さらにシャンプーの回数を徐々に減らすとしていくと湯シャンも抵抗がないと思います^^
私も本をきちんと読んだわけではないので(肌断食の本は体験談という感じです)間違ったことも書いているかもしれませんのでご了承くださいませ^^;
宇津木先生が書かれた本が一番良いかと思います~

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。