また旅本

旅行に行きたい気持ちを旅行エッセイを読むことにより抑えている。

実際は抑えなくても、旅行に行く金はないし、行くとしても一人旅なので海外なんかはとてもじゃないが怖くて行けない。よって本を読んで想像してにやにやするだけで終わるのが1番よいのだ。

今回読んだ本はこれ

まず最初に言いたいのが、この本に書かれている場所に全部行ってみたくなったということを強調したい。

これはさくらももこ先生がどの地も魅力的に書かれているからだと思う。(最後のハワイは若干薄いけど)

特に興味が湧いたのが、ラスベガス。
カジノの街という印象しかないが、涙がこぼれる程のショーってどんなの!?
と興味深々になった。グランドキャニオンより感動するショー。アメリカがいかに広大で精神的にも充実しているか、私も小さい島国のそれまた小さな島国で暮らしているものとして見てみたくなった。アメリカはさすがに無理そうなので北海道でいいから行きたい。

ガウディの作品への感想も魅力的で、ガウディに全く興味がなかったが観に行きたくなった。写真で観ただけではわからない勢いが生の作品にはあるのだろう。

そして、イタリアのヴェネチア。
水の都として20年ぐらい前に世界不思議発見で観てから知ってはいたが、この本を読んでまたあの時の気持ちがよみがえってきた。やっぱり、イタリアに行くならヴェネチアは外せないな。行く予定ないけど…

とにかく充実して読めた。
旅行に行けないフラストレーションが少しは発散できたかと思う。

最近また気分が落ち込み気味で、嫌だなあと思ってるんだが
部屋が汚ないことがダメなんだろうなと考察している。
船越さんの嫁の松井一代氏も汚ない家に幸せは来ないって言っていたし。
だとしても、うちは家全体が汚ないのだから私の部屋だけがキレイでも何も変わらない気がする。。

完全に落ち込む前に、部屋の掃除をしとかないとなぁ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 実家暮らしへ
にほんブログ村

ナシゴレンが食べたくなる本でもあった。私の家周辺ではナシゴレンを出す店は無いので、もやもやする。

※追記
ラスベガスと言えば、村上龍か春樹が必ず行くというステーキ屋があると昔本で読んだな。という特に大したことない情報が浮かんだのでメモ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。