栗のお菓子って高いけど美味いよね

毎年栗どころで有名な岐阜県中津川市に行っています、が、今年は行けない・・・

行ったら必ず名産の栗きんとんを食べるのです。

 

わたしの中の栗きんとんは正月に食べるおせち料理の1つで、

崩したサツマイモに栗の甘露煮と、氷砂糖を混ぜ合わせて作るのですが(それも大好き)

初めて栗だけで作った栗きんとんを食べたとき、あまりの美味しさに宇宙にぶっ飛びました←

 

ちっこいけど、満足感があります。

 

 

わかりにくいけど、横5cm、縦2cm、厚さ1cmぐらいですね

 

 

ほんとうは一口で食べたいのですが、なんせお高いのでね3口ぐらいに分けて食べます。

 

もっと分けて食べたいけど、3口が限界です。

美味しすぎて、止まらないからあっという間なのです。

栗きんとん(恵那川上屋)

 

 

 

 

そして更に究極の品がこれ

「くり壱」様(様とつけるのがふさわしい気品と美味しさ、でも素朴)

 

商品説明:

栗きんとんを芯にした蒸し羊羹を朴の葉で包みました。栗と相性の良い朴の葉の香りをお楽しみください。

 

なんとも贅沢な(糖質祭りの)一品

 

誰だこんなお菓子を作ったのは。

悪魔的美味さだろうが。

やめられないとまらないだろうが。

むちゃくちゃ甘いのに、手が止まらない美味さです。

 

くり壱(恵那川上屋)

封を開ける前は母親にも分けようと思っていた・・はず・・?なのですが、いつのまにか完食してましたね。

 

もっと食べたい。毎日食べたい。

 

昔から栗は好きでしたが、岐阜県の友達と出会って、初めて栗だけしか使わない栗きんとんを食べて、そして「くり壱」様を食べて・・・ますます栗が好きになりました。

 

今年は行けないけど、いつでも栗のことを(くり壱様のことを)思っています。

【栗の専門店】恵那川上屋がお届けする栗菓子スイーツ

 

栗好きな人はぜひに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。