思えば読んだことがない作家

 

林修先生が好きなのでたまにyoutubeで動画観てます。

 

その中で北野大先生(ビートたけしの兄)と宮沢賢治のグスコーブドリの伝記という本についての対談がありました。

お互いの観点の違いがおもしろい。知識量や自分の考え方によって読み取り方が違う、それを冷静に話されてるのもおもしろいです。

 

しかしながら宮沢賢治さんのお名前や本の題名とかかなり知っているのですが、

 

ちゃんと読んだことない

 

教科書でしか読んだことなかったんです。

注文の多い料理店やアメニモマケズ(これは一部だけ)とか知りません。

銀河鉄道の夜とか、セロ弾きのゴーシュとか題名だけしか知りません。

 

ちゃんと読んでみたいですが、

図書館に行くのはめんどくさい(寒い)

 

kindleでないかと探したら、あるわあるわ・・

 

しかもほとんど0円で読める(青空文庫)んです!

 

 

 

 

 

図書館に行かずとも無料で読めるなんてすばらしい。

今月は家計簿予算オーバーなのでありがたかったというお話。

 

 

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。