名探偵コナン 公式スピンオフ「ゼロの日常」第6話感想

毎週水曜日は起きたらkindleストアのぞいて、サンデーお買い上げ。

便利な世の中すぎます。

 

では、週刊少年サンデー29号感想です。(ネタバレあり)

 

 

 

 

 

 

 

ゼロの日常 TIME:6「舌をかまないように」

妃事務所の緑さんが喫茶ポアロに来訪。

妃弁護士の無敗記録が更新されたので、弁護士仲間でお祝いするためポアロのハムサンドを差し入れするとの内容。

しかし、祝賀会は16時開始と思っていたら15時開始だった!?

 

くぉら!!緑~~~!!!!!

 

(優秀な緑さんがこんな間違いするとは思えないけどな・・・)

 

安室さんが緑さんを車で送っていくことになりました(嫌な予感)

 

ドゥオンドゥオン飛ばす安室さん。いや、警察・・・

コーナリングも一般車道でドリフト!?ってぐらい飛ばしてます。

安室さんは車の運転が好きなんだねえ・・・

 

途中、子どもを轢きそうになる(!)がドアを開けて子どもを救出。

「ダメだぞ?ボウヤ・・・急に道路に飛び出したりしちゃ・・・」

と言うんですが

 

お前も運転気をつけろや!

 

って読者は思ったと思います。

 

間に合うか?って思った時に、道路が水没して通行止め。

 

 

いやもう、「行くしかないだろ」って感じで側壁を車で登りながら走るRX-7

無事間に合ったわけですが、

 

祝賀会にそこまでする必要ある!?

 

って思ったのは私だけじゃないはず。

 

その後も、緑さんに「よかったら車で送りましょうか?」と声をかけるも、断られる安室氏。

 

そりゃそうだよなあ・・w

 

でも、緑さんがちょっぴりうらやましくもなりますねえ。

今回はいつもよりおもしろかったなあ。

何気ない日常より、ちょっとした刺激がある方がいいですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。