スキンケアをやめて3年半経過

肌につけるものはワセリンのみで、早くも3年半。

その間、歳を重ねているはずなのに、お肌は若がえっているように感じます。

理由としては、

・肌がもちもちになった

顔を洗うときに一番感じます。吸い付くような肌です。もちもちで気持ちが良い。ずーっと触っていたいような気分です。

・シワがなくなった。

笑うと目尻に小ジワが入るんですけど、ほうれい線とかはなくなったと思います。ほうれい線できると一気に老けますからね。

思うに、ほうれい線の原因はリキッドファンデーションかなと。化粧の厚塗りはシワを招きますから、注意が必要です。肌が汚くて恥ずかしくて、リキッドファンデーションを厚く塗っていた私。シワが刻み込まれる前に止めて良かったです。

肌の状態は、かなり良いところまで来たかなと実感しています(年末年始の暴飲暴食で一個だけ吹き出物でたけど)。

最近はパウダリーファンデーションも止めて、フィニッシュパウダーか何もつけないかのどちらかで外に出ます。

おかげで起床から20分ぐらいで出かける準備が整います。

極度のめんどくさがりなので、朝の化粧する時間や風呂上がりにスキンケアする時間が短縮できて嬉しいうえに、スキンケア化粧品を買わないので節約にもなるので、良いこと尽くめ。

あとは痩せられたら、完璧なんだけどなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。