使いすぎも防げる優秀家計簿アプリ



 

 

現金を使うことが少なくなりました。

コンビニはもちろんのこと、スーパーやドラッグストア、ホームセンターでも電子マネーが使える。

 

電子マネーが使えないところではクレジットカードを使う。

 

そしたら現金を持ち歩く必要がなくなりました。

 

わたしの楽天カードはEdyがついてるので、これ一枚で出かけられる。良い時代来た・・

カードやEdyで買う方がポイント貯まるし、

(例えば、ローソンでEdy支払いにするとぽんたカードにも、Edyにもポイントが加算される♪)

小銭を出したり、おつりをもらったりする動作が消去されてとても楽。

 

 

電子マネーやクレジットカードにすると使いすぎてしまう・・・という人には1にも2にも家計簿をつけることをオススメいたします。

 

 

 

☆家計簿を見て、節約を意識するようになる

 

 

アプリが簡単に収支をグラフ化してくれるので、使いすぎてるな~と思ったら節約意識が高まる。

逆に予算内だと、今月はもうちょっと使えるから何か買おうかな~とご褒美にもなる。

 

家計簿は絶対つけた方が良い

 

 

細かくつけるのはめんどくさい!

 

という人はこのマンガに描かれていたんだけど、

支出を「NEEDS」と「WANTS」に分けるという方法は簡単で良い。

 

「NEEDS」は絶対手に入れなければならないもの

「WANTS」は欲しいけど別になくてもいいもの

細かく分類すると分析できてよいかもしれないが、入力に時間がかかる。

上記の方法だと時間がかからないし、単純に自分が無駄使いをどれくらいしているか分かる(笑)

 

 

 

☆家計簿管理には二つのアプリを利用

*Zaim

*マネーフォワード

 

Zaimはずいぶん前からやっています。

 

こんな感じで収支をグラフ化。

パーセンテージも出してくれてます。

今月は車検や保険の支払いが重なって支出が多い^^;

さらにこれから旅行に行くのでさらに増える予定・・・orz

 

 

続いてマネーフォワード

これが本当に便利!

 

提携している銀行やクレジットカードの入出金を記録を反映してくれる!

なので家計簿を打つ必要がない。

だって勝手に連携してやってくれるから!!(興奮)

 

他にも楽天やAmazonでの買い物した額、

Edyの入出金の記録や、残高。

更にはウェルスナビ(ロボアドバイザーによる投資信託)とも提携しており、

マネーフォワードを開けば、自分のお金の動きや通販のポイント、投資信託、銀行預金がすべてわかるようになっている。

 

 

 

ただ・・・ローソンATMで出金したお金が全部食費として計上されるなど難点もあり。

あと提携できていない銀行もある。

 

ネット銀行ならほぼ提携していると思います。

 

 

 

マネーフォワードの利点は、

・銀行の口座をいくつも持っている人は通帳を見る必要がなくなる

・投資をしている人は今の資産評価額が分かる

・Edy残高がわかる

・ポイント残高がわかる

あと支出が多かったら「先月より多くなってるよー!」とか通知が来る。「うるせー!わかってるわい!」ってなるけど-_-;

資産額の前月比も出してくれる。至れりつくせりである。

 

まあ本当に便利です。

有料登録したらさらに便利なんでしょうが、わたしはまだいいかなと。

最近東証一部上場、これから更なるアップデートに期待です。

 

 

 

ド田舎なのでまだまだ現金が必要なお店も多いです。

コインパーキングとかも車で出るときに小銭じゃらじゃら払いたくないので、早急に電子マネー決済にしてほしいな。

 

来月からまた節約。

お昼はほぼお弁当作ってるので、卵焼きのレベルがアップしました!

卵は自家製です^^

 



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。