ある日、お姫様になってしまった件について

マンガ「ある日、お姫様になってしまった件について」のあふれる思いを書いています。

 

「ある日、お姫様になってしまった件について」あらすじ

ある日、目覚めたらお姫様になってしまった…!?皇族に生まれ変わったのはいいけれど、よりによって実父の手で殺められる悲運のお姫様なんて!!血も涙もない冷血な皇帝・クロード。死にたくないなら彼の目に留まってはいけない…なのに!!!「いつからこんな虫けらがいたんだ?」早速、皇帝の目に留まってしまったアタナシア。果して彼女は生き残れるだろうか。「私……どうしよう……!?」(ピッコマより引用)



4巻発売されました!パチパチパチ。

「ある日、お姫様になってしまった件について」を好きになったおかげで、

韓国マンガを意識するようになり、

韓国語のサイトで韓国語のマンガを読んだり、小説を読んだりするようになりました。


 


人物の描き方、ポーズ、衣装と、とにかく絵が美しいのです。

 

登場人物

主人公:アタナシア。自分が小説で読んだ世界に転生し、王である父・クロードに殺される運命を変えるために、幼いころから苦労する。読者はアタナシアが苦労しているのを見てるから、クロードがアタナシアを溺愛していく過程がすごく嬉しいし、アタナシア至上主義になりがち。みんなアタナシアの幸せを願ってる。

アタナシアの父・クロード。なぜかアタナシアを恨んでいるが、溺愛していく。超絶美しいので、クロードが出たら読者が盛り上がる。

 

イゼキエル。アタナシアが前世で読んだ小説の中の男主人公。小さい頃はめちゃくちゃ初心で可愛かったが、大人になってちょっと意地悪なところも出てきた(だがそれがいい)。この立ち姿の描き方とか、めちゃくちゃキレイで見惚れる。

 

魔法使いルーカス。推定200歳以上。長い眠りから覚め、アタナシアの魔力調整兼話し相手に。アタナシアに合わせて身体を小さくし、一緒に成長した(ように魔法で見せかける)のでいわゆる幼なじみポジション。本来は大人で長髪だが、わたしは髪が短い方が好き。

 

 

日本語版配信は、ピッコマとLINEマンガから

韓国マンガってフルカラーなんですけど、なぜ?すごすぎるんやけど。

それで週1とかで更新してるんですよ。(ある姫は10日に1回)

おかしくない?

作者さん大丈夫ですか?酷使されてないですか???

なるべく課金するんで、少しでも作者にお金が入るようにお願いします。

いくらデジタル化したと言っても、大変な作業量だと思います。

私たちが好きな作品や作者を支えるためにできることは、金を払うことと感想を送ることだけです!!

 

「ある日、お姫様になってしまった件について」は、日本だとピッコマLINEマンガで配信されていて、毎週日曜日更新です。

現在57話まで配信されています。

 

 

韓国版はRIDIBOOKSで

一方、韓国公式の方ではRIDIBOOKSで配信されています。

現在は81話まで配信済み。

81話は8/20に配信されましたが、そこからシーズン3の準備に入るため三か月ほど連載が休止しています。

おそらく次の更新は11月下旬ごろになると思います。

RIDIBOOKSは韓国のサイトで、全て内容は全て韓国語で書かれていますので、私は翻訳アプリPapagoで翻訳しながら読んでいます。

 

RIDIBOOKSの登録、翻訳の仕方は記事にしてますので興味のある人は参考にしてください。

「RIDI BOOKS(韓国電子書籍の読み方)」

 

まとめ:アニメ化してほしいので売れてほしいです!

原作は完結しています。先に原作を読んでおいても、おもしろいかもしれません。

なんせ、マンガと小説で話の展開が違ってきています!

小説はすでに読んであるので、マンガの展開がどうなるか楽しみで楽しみで楽しみで・・しかたありません!

とにかく人気が出て売れて、アニメ化してほしい!それだけ。


 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。